• 村上整体の考え方
  • 院長の熱い想い
  • 整体基礎本科
  • ほぐし療法
  • フリースクール
  • 入学から卒業まで
  • 在校生の一日
  • 講師紹介
  • 卒業生インタビュー よくあるご質問 学校案内
きっちり学べる。ばっちり役立つ2年コース

整体基礎本科では、カイロプラクティックを用いて様々な体の不調を改善へと向かわせる、クオリティの高い施術者を目指します。
カイロプラクティックテクニックの授業は、教科書をベースに教えて行くのですが、カイロプラクティックの教科書は背の高い欧米の男性術者が行っている物が多く、そのままだと、日本人には難しくなってしまいます。

●当学院では臨床現場で実際に施術を行っている講師が現場でのテクニックの注意点や、あなたの体形を考慮したやり方を工夫して本人が確実に習得していけるように、手とり足とり教えていくので、力のない女性でも安心して学べます。
また人が訴える体の不調といっても、様々な症状があります。
例えば体がだるく、重くてすっきりしない人もいれば、肩コリがひどい人、腰痛や膝痛でつらい人などです。このように人によって原因の違う症状に対して、どの症状にも同じテクニックを使っても意味がありません。

基礎本科ではそんな現場での実際にある症状の一つ一つを、なぜこのような不調が出るのか原因を勉強し、それを改善させるために、どの技術を選択して使うのか、また使ったことによりなぜ体の不調が改善するのかを [ 診断治療学 ] で学びます。

●つまり重要なのは症状を的確に判別し、それにあった技術を選択し使うという事なのです。

そのような人達に普段から生活習慣の注意点を指示し予防医学の観点からできるように[解剖学][生理学]を学びます。これは医学の基本をなす学問であり、解剖学では形と構造を、生理学では機能を主に学びます。

その他にも、病気の診断法、症状、などを研究する[一般臨床医学]、病気の成り立ちや仕組みを研究する[病理学]骨折やねんざなどの対処を学ぶ[整形外科学]

解剖.整理で学んだものとリンクし、体の運動や姿勢などを学ぶ[運動学]、生活環境をより良いものとし、病人を早く見つけ、必要な治療を行って、普通の生活に戻し、いっそう健康な状態を保たせるための知識と技術を学ぶ[公衆衛生学]

身の回りの細菌やウイルスなどから体を防衛する方法を学ぶ[免疫学]や、栄養の体内利用に関する研究に生理学、食品学、調理学などの知識を加えて健康の維持と増進に必要な条件を食物及び食生活の面から明らかにしようとする学問[栄養学]などを学びます。

お問い合わせ
体験入学申し込み
資料請求
村上整体金沢院ホームページはこちら
スタッフ募集中
村上ほぐし隊